①琵琶パールガラス

 

琵琶パールガラスの実現へ。
琵琶パールガラス生産者と、ガラス作家とのコラボレーション!

 

 滋賀独自の素材を使ってガラス制作はできないか。イタリアのベネチアングラス、チェコのボヘミアングラスなど、世界にはさまざまなガラスの素材、技法、モチーフがあり、これを確立した地域は歴史にも経済にも活発に躍動しています。

 そこで滋賀に目を向けたとき、ガラスに添加する様々な素材を探したところ、近年注目を集めている琵琶湖の淡水真珠養殖「琵琶パール」が浮上してきました。イケチョウガイで育てる淡水真珠そのものは美しく個性的で大変魅力がありますが、貝殻は利用価値が少なくほとんどが廃棄されていました。

 溶けたガラスの中に貝殻を粉末にして混ぜ、ガラス作家のデザインとコラボレーションすれば何か新しい表現ができるのではないかとの思いから、琵琶パールを養殖しておられる齋木産業株式会社の 齋木勲さん と、ガラスと異素材を組み合わせて独自の表現を追求するガラス作家の 五十嵐智一さん に協力をえて、黒壁オリジナル「琵琶パールガラス」の研究開発を進めることになりました。

 


第1回

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   ガラスと異素材を組み合わせて独自の表現を追求するガラス作家の 五十嵐智一さん。
「琵琶パールガラス」開発にあたり、デザインと試作を担当する五十嵐さんにこの事業に対する想いと今後の可能性について伺いました。
 

【詳細 PDFダウンロード】

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA   琵琶湖の東側に位置する西の湖でイケチョウガイの養殖を営む齋木産業株式会社の 斎木勲さん。 五十嵐智一さん と訪問しました。養殖の歴史と苦難、今後の展望について熱く語って頂きました。
イケチョウガイの貝殻使用をガラス商品とともに展開できればと期待を寄せてくれています。
 

【詳細 PDFダウンロード】


第2回

 

琵琶パールガラス sample 1回目   真珠を採取した後は、殆どが廃棄されてしまうイケチョウガイの貝殻。この貝殻の粉末を溶解したガラスに混ぜ込み新たな表現を模索する開発を、ガラス作家の五十嵐智一さんと進めています。
それにあたり、ガラス内に発砲する「泡」の表現と、細かな貝殻の粉末を器にまとわせ、まるで「雪」のような表現ができる可能性が浮上してきました。
 

【詳細 PDFダウンロード】

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA   貝殻の粉末を溶けたガラスに取り込む方法とは別に、貝殻をデザインカット、鏡面研磨することで、パールのやさしい煌めきを放つアクセサリー試作を進めています。 今回はジュエリーデザイナーの後藤さんと共同で進めるために、アクセサリーに対する考え方と事業に対する想いを伺いました。
 

【詳細 PDFダウンロード】

 

第3回につづく・・・