HIKIYAMA漆ガラス

 

大阪芸術大学 × 長浜の蒔絵師 × 黒壁のガラス
長浜曳山まつりで奉納される 「子ども歌舞伎」 デザインを漆芸とガラスで発信。

 

 長浜の伝統文化を活用し、次の世代に寄り添うものを発信したい。

 株式会社黒壁では、2016年12月に「ユネスコ無形文化遺産」に登録された長浜曳山まつりの優れた芸術性をガラスというマテリアルに投映した「HIKIYAMA漆ガラス」の商品開発をスタートさせました。

 このプロジェクトでは産学共同で、大阪芸術大学関係者と学生、地元の長浜曳山まつり関係者や漆職人、ガラス作家との連携で、伝統文化のエッセンスを暮らしの中で楽しめるガラスウェアの開発を目指すものです。

 

 


第1回

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   長浜曳山博物館の会議室にて、大阪芸術大学プロダクトデザインコース准教授の 道田健さん 率いる学生さんによるデザインプレゼンテーション、長浜曳山まつりの文化を説明してくださる「かわ重」の 川村和彦さん、 「蒔治」の蒔絵師である 下司貴之さん を交えてディスカッションを行いました。
 

【詳細 PDFダウンロード】

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA   デザインの精度を上げるため、第2次プレゼンテーションを大阪芸術大学で開催しました。
 

【詳細 PDFダウンロード】

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA   秀吉が初めて「城持ち大名」となった長浜の地に400年以上続く「長浜曳山まつり」。2016年12月には 「ユネスコ無形文化遺産」 に登録され、伝統文化の重要性が認知されました。豪華絢爛な曳山の装飾に欠かせないものが仏壇などの装飾にも使われる彫金や漆芸です。
今回は長浜で江戸末期から蒔絵技術を継承している4代目「蒔治」の 下司貴之さん に、大阪芸術大学の学生と黒壁のガラス事業とのコラボレーションについてお話を伺いました。
 

【詳細 PDFダウンロード】

 


第2回

 

_DSC0002   2回にわたる「HIKIYAMA漆ガラス」デザインのプレゼンテ―ションを終え、子ども歌舞伎の振付を教えておられる「かわ重」の川村和彦さんや、長浜で江戸末期から蒔絵技術を継承している4代目「蒔治」の下司貴之さんのアドバイスをデザイン要素に取り入れながら、大阪芸術大学での3回目のプレゼンテーションでは精度の高いデザインを発表して頂きました。
学生の声の中には、今回のプロジェクトで産学連携によって交流の場が広がった、歌舞伎の魅力発見、普段は関われないガラス工芸家との連携ができて良かったとの声もありました。
今回はその学生たちを率いる道田准教授に、本プロジェクトへの思い、産学連携を通じて学生たちに獲得してほしいことを伺いました。
 

【詳細 PDFダウンロード】

 

第3回につづく・・・