びわ湖長浜の観光名所「黒壁スクエア」。ガラスの街。レトロな街並、体験、アート、ギャラリー、おみやげをご紹介。オンラインショップでお買い物も。


  滋賀県では8月27日より『緊急事態宣言』が発令されます。(8月27日〜9月30日)
現在、営業時間や定休日が通常と異なっております。

現在の営業状況『https://www.kurokabe.co.jp/news/9240/
今後の状況によりさらに営業時間が変更になったり、臨時休業とさせていただく場合もございます。
変更がある際には当HPでご案内いたしますので、お越しいただく直前にご確認をお願いいたします。
×

ホーム

イベント情報

NAGAHAMA GLASS FES 2021 開催に向けて進行中!

KUROKABE EVENT KUROKABE EVENT

NAGAHAMA GLASS FES 2021 開催に向けて進行中!

2021年9月7日

 

「ナガハマグラスフェス2021」は、長浜のまちなかに点在する大切に守られてきた歴史的建造物や古民家、文化施設が会場となり、全国の多彩なガラス文化を地域と繋がりながら発信する創造交流型ガラス工芸祭です。

 

全国のガラス作家よりサケグラス作品を募集し、観覧者の人気投票で賞を決定する「北近江サケグラス公募展」や、子どもたちが欲しいと思うデザイン画を応募し、ガラス職人が実物化する「みんなのグラスデザイン画コンペティション」、マエストロの域に達した吹きガラス技術を駆使して、まるで生きているかのような表情と躍動感を宿したガラスの動物たちを制作する伊藤けんじ氏の「伊藤けんじガラス工芸展」を開催いたします。

 

このほか、ガラス作品を作ることが出来る期間限定の制作体験や、華やかなヨーロッパのグラスアートの鑑賞、長浜の郷土料理やグルメをガラスの器で楽しめるメニューをご用意。

北国街道の街並み全体がミュージアムとなった中で、全国のガラス文化が集結し拡散する拠点を置き、芸術性を軸にした関係人口を拡大して、訪れる人々にクリエイティブなガラスの発見と感動を喚起する笑顔があふれる「フェス」を発信します。

 

ナガハマグラスフェス2021

会場/ 慶雲館 ・黒壁スクエア ・中心市街地一帯
会期/ 2021年10月23日(土) ~11月7日(日)
主催/ ナガハマグラスフェス実行委員会
後援/ 長浜市 ・長浜市教育委員会 ・公益社団法人長浜観光協会 ・北国街道まちづくり協議会 ・株式会社黒壁
お問合せ/ 株式会社黒壁 内
〒526-0059
滋賀県長浜市元浜町12-38
ナガハマグラスフェス実行委員会 事務局
TEL/ 0749-65-2330(代)
e-mail/ nagahama.glass.fes@gmail.com

 

今年も新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、全国のアートイベントが中止や縮小を余儀無くされました。社会に不安や悲しみが広がる中、作る喜びや新たな出会いや発見など、少しでも心豊かなひとときを感じていただきたい思いから、感染対策を十分に実施しながら各会場にて開催することに致しました。

今後、予定会期に新型コロナウィルス感染拡大が猛威をふるい、各会場での展観が困難となった場合は、募集作品の発表等をオンライン上での開催とさせていただく場合があります。今後、一日も早く新型コロナウィルスが収束に向かい、皆様と笑顔でお会いできるようにスタッフ一同願っております。何卒ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

 

伊藤けんじガラス工芸展

伊藤けんじは1960年に富山県に生まれ、1987年より神奈川県川崎市内にガラス工房「彩グラススタジオ」を主宰しています。毎年開催する個展はこれまでに100回を超え、近年は軽井沢に新たな工房を構えて、川崎と軽井沢の双方で制作と教育普及活動に力を入れてきました。後進の育成にも積極的に取り組み、NHK番組への出演や武蔵野美術大学などの講師も務め、現代日本を代表するガラス作家のひとりとして多方面で活躍しています。

このたびの展覧会では、名人芸の域に達した吹きガラスの技術を駆使して制作された、熔融したガラスの液体ならではの流動感を残す有機的なフォルムの作品が多数発表されます。生き生きとした躍動感を宿したドラマティックな作品の数々を通して、現代ガラス工芸の新たな美の世界をご堪能ください。

 

会場/ 慶雲館 新館
会期/ 2021年10月23日(土) ~11月7日(日)
期間中無休
開館/ 9:30~16:30
入館料/ 大人300円
小中学生150円
お得な長浜浪漫パスポートご利用可能

 

伊藤けんじ 略歴

1987年   川崎市中原区にAYA GLASS STUDIOをオープン。
1988年   個展 以後、毎年各地にて多数開催。
松屋・東武・西武・髙島屋・大丸・伊勢丹等のデパート
富山美術館・SUWAガラスの里の美術館、
各地のギャラリー画廊などで毎年複数回開催。
1990年   ヤンググラス造形展/グランプリ受賞
1993年   国際ガラス造形展/日本硝子製品工業会長賞
1994年   国際ガラス造形展/IGS大賞受賞
1997年   川崎市高津区にAYA GLASS STUDIOを移転
安部賞(学術文化部門)受賞
(他、受賞7回)
能登島ガラス美術館・SUWAガラスの里の美術館・黄金崎ガラスミュージアム・富山美術館・スペイン国立ガラス美術館等にコレクション
ベトロアートグラス(アメリカ)・国立ガラスセンター(スペイン)・徳島ガラス工房にてワークショップ講師
現在   彩グラススタジオ・軽井沢ガラス工房・川越体験工房青い鳥・彩グラススタジオ代表

伊藤けんじ 略歴

1987年   川崎市中原区にAYA GLASS STUDIOをオープン。
1988年   個展 以後、毎年各地にて多数開催。
松屋・東武・西武・髙島屋・大丸・伊勢丹等のデパート
富山美術館・SUWAガラスの里の美術館、
各地のギャラリー画廊などで毎年複数回開催。
1990年   ヤンググラス造形展/グランプリ受賞
1993年   国際ガラス造形展/日本硝子製品工業会長賞
1994年   国際ガラス造形展/IGS大賞受賞
1997年   川崎市高津区にAYA GLASS STUDIOを移転
安部賞(学術文化部門)受賞
(他、受賞7回)
能登島ガラス美術館・SUWAガラスの里の美術館・黄金崎ガラスミュージアム・富山美術館・スペイン国立ガラス美術館等にコレクション
ベトロアートグラス(アメリカ)・国立ガラスセンター(スペイン)・徳島ガラス工房にてワークショップ講師
現在   彩グラススタジオ・軽井沢ガラス工房・川越体験工房青い鳥・彩グラススタジオ代表
 

 

個展を100回以上開催、受賞7回

コレクション/ 北澤美術館・能登島ガラス美術館・富山県美術館・諏訪ガラスの里ガラス美術館・黄金崎ガラス美術館
講 師・指 導/ 東京ガラス工芸研究所・武蔵野美術大学・NHK教育TV

 

 

第4回 北近江サケグラス公募展

北近江サケグラス公募展では、次世代に伝えたい優れた銘酒を味わうためのガラス酒器を全国のガラス作家に広く募集し、優れた作品を来館者さまの人気投票で賞を決定する展覧会です。投票システムは会場での記述投票と、ウェブサイトでのオンライン投票も併設し、より多くの方が関心を示し参加して頂けるように開催します。

北近江の歴史ある蔵元と、全国のガラス作家と、お客様が長浜でつながる初の展覧会。丹精込めてガラス作家が創作した「サケグラス」を荘厳な佇まいの慶雲館でご高覧いただきます。

 

会場/ 慶雲館 本館
会期/ 2021年10月23日(土) ~11月7日(日)
期間中無休
開館/ 9:30~16:30
入館料/ 大人300円
小中学生150円
お得な長浜浪漫パスポートご利用可能

第4回 北近江サケグラス公募展 受賞作品展

会期/ 2021年12月~ 2022年1月(予定)
会場/ 黒壁2號館 黒壁ガラススタジオ(予定)

 

 

みんなのグラスデザイン画コンペティション2021

「こんなグラスがあったらいいな、こんなグラスが欲しい!」自分の欲しいと思うグラスのデザイン画を応募し、見事受賞した方にガラス工房で実物化したガラス作品を展示するコンペティションです。

中学生以下の方から応募いただいたグラスデザイン画の中から審査を行い、入賞者については実際にガラス作品として制作、ナガハマグラスフェス2021にて展示を行います。子どもたちの感性や創造性を育み、モノづくりの楽しさやガラスの魅力を感じて頂くデザイン画コンペティションとして開催いたします。

 

応募締切/ 2021年8月31日(火)
会場/ 旧 長浜アートセンター ギャラリースペース
会期/ 2021年10月23日(土) ~11月7日(日)
期間中無休
開館/ 9:30~16:30
入館料/ 無料
参加資格/ 中学生以下

 

募集内容

こんなグラスがあったらいいな、こんなグラスが欲しい!というグラスを自由な発想で描いたデザイン(絵)と、デザインのポイントやグラスに対する思いをまとめた文章。

 

グランプリ1点 ・ 優秀賞2点 ・ 社長賞1点 ・ 審査員特別賞3点 ・ 入選5点

 

みんなのグラスデザイン画コンペティション2021 巡回展 (開催予定)

会期/2021年11月中旬(2週間程度)

開館/10:00~17:00

休館日/月曜日

会場/滋賀県立美術館 1F ラボスペース

入場料/無料